ショールーム

ガスvs電気 「ガスコンロ編」

ご家庭で使うコンロの主役といえば、ずっとガスコンロでしたが、最近では、「火が出ないから安心」等の理由で、IHクッキングヒーターも普及しています。でも、実際に調理する場合、どちらが便利でおいしい料理ができるのでしょう。

火力を比べてみよう

ガスコンロなら、同時調理ができる

IHヒーターを同時使用する場合は、5.8kWまでといった使用制限があるため、同時に最大火力を使えません。でも、ガスコンロなら3口のコンロ全部使って、さらにグリルを同時に使うことができるので、効率のよいスピード料理ができます。

ガスコンロなら、同時調理ができる

使える鍋を比べてみよう

ガスコンロなら、鍋の形状や材質を選ばない

IHにして鍋を買い換えたという声をよく聞きます。でも、ガスコンロならアルミ製のやかんや土鍋ももちろん使用可能です。ガスの炎を使って土鍋で炊いたご飯は格別ですよね。また、ガスコンロは使用する鍋によって効率が異なったりすることはありません。鍋を買い換えるコストを考えても、ガスコンロがお得です。

ガスコンロなら、鍋の形状や材質を選ばない

炒め物を比べてみよう

ガスコンロなら、鍋ふりもできる

ガスコンロは直火式です。IHのようにヒーターから離すと加熱できないということはないので、鍋ふりができます。火力も強いので、炒め物をするときには、断然威力を発揮します。

ガスコンロなら、鍋ふりもできる

焼きムラを比べてみよう

ガスコンロなら、焼きむらがない

IHクッキングヒーターは、加熱コイルに接する一部だけが高温となるため、温度差が生じ、焼むらの原因になります。ガスコンロでは、鍋全体を均一に加熱するので、そうした心配はありません。

ガスコンロなら、焼きむらがない

煮えムラを比べてみよう

ガスコンロなら、煮えむらがない

ガスコンロの炎は、煮汁の対流を外から内へ大きく早く促すので、煮えむらができず美味しい煮物ができます。

ガスコンロなら、煮えむらがない

温度調節を比べてみよう

ガスコンロなら、温度調節が得意

たとえば揚げ物の場合、ガスコンロは約200ミリリットルの油から温度調節ができるので、少ない食材を手軽に揚げることができます。IHクッキングヒーターの場合、油の温度が上がり過ぎると発火の原因となるため、倍以上の油が必要になります。また、とろ火が得意なガスコンロは、シチューなどの煮込み料理にも重宝します。

ガスコンロなら、温度調節が得意

排気を比べてみよう

ガスコンロなら、排気が素早い

ガスコンロは、上昇気流があるので、レンジフードの補集率が高く、IHクッキングヒーターより、調理の匂いや油煙がお部屋にこもりにくい性質があります。

ガスコンロなら、排気が素早い

電磁波を比べてみよう

ガスコンロなら、電磁波が発生しない

IHクッキングヒーターからは多量の電磁波が発生しますが、直火式のガスコンロからは、電磁波は発生しません。

ガスコンロなら、電磁波が発生しない

コストを比べてみよう

ガスコンロなら、コストもお得

立ち上がりから鍋全体を加熱するガスコンロは、使用時間が短くて済むため経済的です。また、電気を使うIHクッキングヒーターは、季節や時間別料金で契約していると、同じメニューでもランニングコストにばらつきがでますが、ガスコンロならいつ調理しても変わりません。